るん太のとっても好きな物
柴犬・映画・美味い飯 ついでに旦那も入れとくか(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザ・タウン
監督:ベン・アフレック
製作:グレアム・キング
   ベイジル・イヴァニク
出演:ベン・アフレック
   ジョン・ハム
   レベッカ・ホール
   ブレイク・ライヴリー
   ジェレミー・レナー

『強盗こそ、われらが宿命』というミステリー小説を、ベン・アフレックが自ら主演も兼任して映画化した犯罪ドラマ。

強盗を生業とする主人公が、人質として拘束した女性を愛し
自分の生き方を変えようと決心する。
主人公を引き止める仲間との絆の狭間で葛藤を深めていくさまと
          追及の手を緩めないFBIとの攻防が見所の映画。

この映画のことは随分と前から知っていたが、自分達の好みではないと思い込んでいて
鑑賞予定に入っていなかった。
しかーし、前回観た「RED」で流れた予告編がなかなか興味深かったので、仕事で死相が出る前に観ることに。

ところどころマイケル・マン監督作品の「ヒート」を思わせる場面があったのだが
どうやら監督兼主演のベン・アフレックは「ヒート」が好きらしい(笑)
話の内容も似ているしオマージュってことだろうか。
「ヒート」ほどではないがなかなかいい作品であった。と旦那も言っている。

こうしてみると予告編てけっこう重要だったりするのね。
予告編観てなかったらこれ観てない可能性が高いもん。
今回はいい予告編拾えなかったのが非常に残念。

さて次の予定は
「塔の上のラプンフェル」と「トゥルー・グリット」なのだが
「塔の上のラプンフェル」はディズニー配給だからメインで使ってるシネコンでも
観られるけど「トゥルー・グリット」は今のところ近場のシネコンでは上映予定がない。
サブで使ってるシネコンに公開日からずれてもかまわないから来てくれないかなぁ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 るん太のとっても好きな物 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。