るん太のとっても好きな物
柴犬・映画・美味い飯 ついでに旦那も入れとくか(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Dr.パルナサスの鏡
監督:テリー・ギリアム
製作:ウィリアム・ヴィンス
   エイミー・ギリアム
   サミュエル・ハディダ
   テリー・ギリアム
出演:ヒース・レジャー
   クリストファー・プラマー
   ジョニー・デップ
   ジュード・ロウ
   コリン・ファレル

ヒース・レジャーの遺作「Dr.パルナサスの鏡」を昨日観て来た。
今年2作品目。ペース早いな(笑)
ヒース・レジャー亡き後、彼の役をジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが引き継いで演じ分け完成した作品。
ヒースが亡くなってしまったのでおそらく脚本を変更したに違いないが、なかなか良くできていたと思う。
もし彼が生きていたなら、どういう結末になったのか気になるところではあるが。

映画の感想だけど、Dr.パルナサスが見せる鏡の世界の映像が
幻想的でとても素晴らしかった。
先に観た「かいじゅうたちのいるところ」とは対照的にCG使いまくり。
でも嫌な感じが全然しない。
それは、CGがリアルな世界を表現しようと作られていないからだろう。
あたしは「ほら、本物みたいでしょ?」と作られたCGはどうも好きになれない。
そのように作られた映像って逆に嘘くさく感じてしまうのだ。
塵ひとつ埃すら舞っていない空間見せられて「リアルでしょ?」って言われてもねぇ(苦笑)
その点、幻想の世界なら何やってもありなんでこういう話でCG使われるのはまったく気にならない。それどころか大歓迎だ(笑)
CGは表現できない場所を補うくらいの匙加減が良いね。
DVDにヒースの未公開映像が特典として付けられることを激しく期待するであります。

次は「ラブリーボーン」を観に行けたらいいな。
2月は忙しいからどうだろう(- -;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 るん太のとっても好きな物 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。