るん太のとっても好きな物
柴犬・映画・美味い飯 ついでに旦那も入れとくか(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パブリックエネミーズ
監督:マイケル・マン
製作:マイケル・マン
   ケヴィン・ミッシャー
出演:ジョニー・デップ
   クリスチャン・ベイル
1930年代に実在した伝説のギャング、ジョン・デリンジャーと
彼を追う捜査官メルヴィン・パーヴィスを描いた物語。

今年最後の映画は、銃撃戦を撮らせたらピカイチというマイケル・マン監督の作品。
内容は・・・。
銃撃戦は文句なし、だそうです。
あたしは特に興味ないので「おぉ~すげー」と思うくらい。
ギャング映画なので派手に撃ち合いますよ。
好きな方にはお勧め。
ストーリーはちょっと微妙(苦笑)
ジョン・デリンジャーと運命の女性と言われるビリー・フレシェットとの関係が
サラッと描かれ過ぎて感情移入しづらい。
もうちょっと深く掘り下げるとグッとくるのにな。
マイケル・マン監督はロマンスを描くのが苦手っぽいので仕方ないのかも。
でも今回のヒロインは可愛かったです(笑)
この映画で良かったのは音楽♪サントラ買ってもいいと思うくらい好みでした。

ストーリーは淡々と流れるので、起伏に飛んだ話が好きな人にはつらいかも。
1930年代の雰囲気を味わうにはいい映画でした。
ジョニー・デップとクリスチャン・ベイルも良かったですよ。

さて次は、年が明けてから「かいじゅうたちのいるところ」を観に行く予定。
主人公の男の子がめっちゃプリティーなんで、今からとても楽しみです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 るん太のとっても好きな物 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。