るん太のとっても好きな物
柴犬・映画・美味い飯 ついでに旦那も入れとくか(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありがとう小梅
笑顔 見返り美人
今日の午前3時頃
とうとう小梅ちんが虹の橋へと旅立ってしまいました。

手術をしてから、きっかり1ヶ月の闘病生活。
私たちが出来ることはほとんど何もないまま
小梅ちんは駆け足で私たちのもとから去っていってしまいました。
たくさんの楽しい思い出と優しい友人たちを残して。

その寝顔は安らかで、なんの苦しみもなく旅立ったと思わせてくれるのが
唯一の救いです。

小梅、うちの子になってくれてありがとう。
楽しい思い出と大切な友人たちを残してくれてありがとう。
ずっとずーと大好きだからね。
スポンサーサイト
近況報告
そっちに行きたい うとうと
妖怪兼ガーディアン達の熱い想いを受け、奇跡の復活を遂げてからほぼ一週間。
一時は立ち上がって自力で水を飲んだり、パンやささ身を食べたりしていたが
昨日の夜からまた立ち上がることが出来なくなった。

呼吸も浅く、目を離した隙に息をすることを止めてしまうんじゃないかという不安に駆られる。
もう長くはないことを、頭では理解していても感情が納得してくれない。
また奇跡がおきてくれないかなぁ。
朗報!
伏せてます おはようございます
昨日は非常に悲観的な報告をしましたが、本日はまったく逆の報告をします。
小梅ちんの意識がかなりハッキリ回復しました。
昨日の夜から頻繁に動き始め、自分で寝返りを打とうとするまでに復活!
視覚・聴覚も微弱ながら反応しているように感じます。
今朝は自立しようとまでしました。
足腰に力が入らなのですぐにフニャッとしてしまいましたが。
お薬が効いているのか昨晩も発作は1回きりで、あたしたちもそこそこ睡眠をとることができました。

日々の変化がジェットコースター並みでついていくのに必死だけど
小梅が頑張ってるんだもん、うちらも頑張ります。
この先、病気が治ることが絶対ないのはわかっているから
小梅の生活の質を維持しつつ、最後の時を迎えられるようにしたいと考えてます。
悲しくてやりきれない
まだ歩けていた頃 そして寝たきりに
小梅が寝たきりになりました。
悪性リンパ腫からくる脳腫瘍を併発し、視覚・聴覚を失い
あたしたちの顔や声にもまったく反応を示してくれません。
定期的に訪れる発作に戦々恐々としている状況です。
発作止めの薬をもらったけど、良く効いてくれるといいな。

病気発覚からわずか2週間とちょっとでここまで来てしまいました。
小梅の時間は、あとどれくらい残っているんだろう。
強制給餌開始!
痩せちゃったね すやすや
本日2回目の抗がん剤投与の予定だったけど、あまりにも小梅ちんの体調が良くないので
今回は見送り決定。
とにかく体力の回復を目指して今日は点滴を受け注射してもらって診察終了。
火曜日にもう一度点滴を受けに行く予定。

体力をつけるためには食べてもらうしかない。
ということで療養食を一缶とシリンジを分けてもらって強制給餌の開始。
強制することに苦労するかと思ったけど、軽くイヤーンされた程度で意外とあっさり成功した。
こういう時やる気がないのがいいように作用してくれている感じ。
次回からうまく捕まるかどうかが心配だけど(苦笑)

今はケージの中ですやすやと寝とります。
この穏やかな寝顔を、少しでも長く見ていられますように。
食べておくれよぉ
ここがいいですが 何か?
なぜかトイレシートの上でくつろぐ小梅ちん。
なんか間違ってませんか?

抗がん剤とステロイドのせいでダルそうな小梅ちん。
ご飯も初日に食べてくれただけで、この二日間ほぼ絶食状態です。
ステロイドの副作用でお水だけはやたらと飲みまくる。
食べてくれそうなものをあれやこれやと用意するけど
匂いだけかいで顔をそむけちゃう。
ちょっと心が折れそうです。

~追記~
この記事書いたあとに、小梅ちんが砂肝の細切りとチーズ
そしてゆでささ身・ゆで鶏皮をちょっとづつだけど食べてくれました!
良かったよぉ(ノД`)
小梅ちん退院す
お家に帰ります 落ち着くわぁ

やっと小梅ちんが我が家に戻って参りました(^ ^)v
お腹の手術跡は痛々しいけど、普通に元気です。
とってもじゃないところが小梅らしい(笑)
今は小梅ちんの定位置ソファの下にもぐって大人しくしております。
戻って来ても視界に入るところにいてくれない、これが小梅クオリティー。
飼い主としては少し淋しいのですが、無事に戻って来てくれたこと
いつもと変わらない行動をとってくれること、それがとてもありがたいです。

元気に戻って来たとはいえ、病気が治った訳ではありませぬ。
これから週一で抗がん剤の投与も始まるし、絶対に完治しない病気ゆえ慢心も侮りも許されないと思っています。
小梅ちんをひとりにしておけないので、社長の許可を取り明日からあたしは自宅勤務となりました。
小梅ちんの残りの時間が健やかであるように。
それがあたしと旦那の願いであります。

小梅ちん、戻って来てくれて本当にありがとう。
入院6日目
ごろん ダブルなでなで
小梅ちんが入院して6日目。今日も面会に行って来た。
なんか行くたびに小梅ちんの歓迎度が下がっている気がするのですが?
さすがというかなんというか、良くも悪くも柴っ子なんだなぁと思う。
あたし達が来てくれるのが当たり前というスタンスになっているのかと(笑)

なんて文章の最後に(笑)をつけることが出来るくらい気持ちに余裕が出て来ました。
帰宅して小梅ちんが出迎えてくれない事にも悲しいかな慣れてしまったし。
いつか来る日のための予行練習的な感じがして非常に嫌なんだけど。

さて、小梅ちんが入院中にこれからの治療方針を一生懸命考えた。
時に涙目になりながら同じ病気で戦ってる子のブログや、ネット上にある情報を
読みあさり、旦那と以下の方法で悪性リンパ腫と戦うことに決めた。

・抗がん剤での治療を開始して寛解を目指す。
・抗がん剤での治療と平行してオゾン療法を受けられるように手配する。
・副作用が酷かったり、望ましい効果が得られないなら緩和治療に移行する。

とにかく小梅が残りの日々を穏やかに過ごせる事を第一に、あたしたちが出来る事を
出来る範囲で無理せずやっていくつもり。
可愛い小梅ちんの為に頑張るぞ〜!
入院4日目
元気だよ〜♪今日も小梅ちんに会いに行った。
日に日に小梅ちんが元気になっているのが、手に取るようにわかるのが嬉しい。

初日は悲痛な声をあげて鳴いていたけど
今はそんなこともなく
今日なんて面会室まで元気に歩いて来た。
入院当初は、会いに行かない方がいいんじゃないかと思ったりもしたけど
うちらが会いに行くことが小梅にとってプラスになると最近は感じる。

2人でなでなでしているとリラックスして横にもなるし♪
撫でられて気持ちいいのか、何度もすかしっ屁かまされた(笑)
今はそれすらも嬉しい。

そして、担当の先生からご飯の完食と下痢が止まった事を告げられた。
小梅ちんは本当に病気なのかと疑うほど元気です。
copyright © 2005 るん太のとっても好きな物 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。