るん太のとっても好きな物
柴犬・映画・美味い飯 ついでに旦那も入れとくか(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの新刊

マンガの新刊発売情報は定期的にチェックしてるけど、小説の新刊は全然チェックしていない。だからこういうことが起こるんだ(笑)
好きな作家2人の新刊がいっぺんに発売されてやんのヽ(´ー`)ノバンザーイ
買ったけどまだ読んでない本が2冊もあるのにまた京極さんの本買っちゃった♪
素子さんは実に7年ぶりの書き下ろしっすよ。どんな話だか読むのが楽しみだ。
しばらくの間ゲームやパソコンいじる時間を削って読書に回さんとあきまへんな。
スポンサーサイト
Dr.パルナサスの鏡
監督:テリー・ギリアム
製作:ウィリアム・ヴィンス
   エイミー・ギリアム
   サミュエル・ハディダ
   テリー・ギリアム
出演:ヒース・レジャー
   クリストファー・プラマー
   ジョニー・デップ
   ジュード・ロウ
   コリン・ファレル

ヒース・レジャーの遺作「Dr.パルナサスの鏡」を昨日観て来た。
今年2作品目。ペース早いな(笑)
ヒース・レジャー亡き後、彼の役をジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが引き継いで演じ分け完成した作品。
ヒースが亡くなってしまったのでおそらく脚本を変更したに違いないが、なかなか良くできていたと思う。
もし彼が生きていたなら、どういう結末になったのか気になるところではあるが。

映画の感想だけど、Dr.パルナサスが見せる鏡の世界の映像が
幻想的でとても素晴らしかった。
先に観た「かいじゅうたちのいるところ」とは対照的にCG使いまくり。
でも嫌な感じが全然しない。
それは、CGがリアルな世界を表現しようと作られていないからだろう。
あたしは「ほら、本物みたいでしょ?」と作られたCGはどうも好きになれない。
そのように作られた映像って逆に嘘くさく感じてしまうのだ。
塵ひとつ埃すら舞っていない空間見せられて「リアルでしょ?」って言われてもねぇ(苦笑)
その点、幻想の世界なら何やってもありなんでこういう話でCG使われるのはまったく気にならない。それどころか大歓迎だ(笑)
CGは表現できない場所を補うくらいの匙加減が良いね。
DVDにヒースの未公開映像が特典として付けられることを激しく期待するであります。

次は「ラブリーボーン」を観に行けたらいいな。
2月は忙しいからどうだろう(- -;)
手作りキムチ
辛うま~本日旦那の従姉妹から手作りキムチが届いたのん
このキムチ、なんと漬け汁から手作りしてるんだって!
口にいれた瞬間は辛くないんだけど、あとからピリっと辛みがきてうま~
ご飯がすすんじゃってヤバいです(笑)
手作りの漬け物って美味しいよね
今日はそのまま食べたけど、次は豚肉と炒めて豚キムチにしようと思うのであります♪
かいじゅうたちのいるところ
監督:スパイク・ジョーンズ
製作:トム・ハンクス
   ゲイリー・ゴーツマン
   モーリス・センダック
   ジョン・カールズ
   ヴィンセント・ランディ
出演:マックス・レコーズ
   キャサリン・キーナー
   マーク・ラファロ

今年1本目の映画は、モーリス・センダックの絵本が原作の「かいじゅうたちのいるところ」
可愛い男の子とかいじゅうたちのファンタジーかと思いきや
なかなか難しい映画でしたよ。
少なくとも子供向け・家族向けの映画ではありません。
配給会社はめっちゃ子供向け・家族向け(子供店長使ったり)で宣伝してるけどね(苦笑)

SFX全盛の昨今、表情はCG処理だったけど着ぐるみのかいじゅうたちが縦横無尽に動き回る映画に好感をもった。
そして全編に流れる音楽がとても秀逸。最近は音楽がいい映画にあたってるなぁ
この映画は、男性の方がやんちゃなマックスに子供だった頃の自分を重ね合わせて共感をもって見られるかもしれない。
実際あたしより旦那の方がマックスの感情を理解してたしね(笑)

マックス役の子も可愛かったし、かいじゅうたちも可愛かった。
でも可愛いだけの映画ではないので、こころして観に行って下さいませ。

次は「Dr.パルナサスの鏡」を観に行きまーす。
2010 骨董ジャンボリー 冬 お食事編その2
なんか、メインイベントの記事より長くなってるよ(- -;)
その1はこちら

メインイベントである骨董ジャンボリーではお宝をゲットすることができなかったが
ふらふらといろんな店を見て歩き、十分堪能したあとゆりかもめに乗って汐留へと戻る。
夕飯にするにはちょいと早かったので、カレッタ汐留内にある茶寮都路里へと向かう。
長蛇の待ち列ができてるかと思えば待っているのは3・4組程度、あまり待たずにパフェを食すことができた。
抹茶カステラパフェ 特選都路里パフェ
やっぱうんま~い
あたしが旦那の手助けなしに食べ切ることができる唯一のパフェなのん♪
もう何年も食べてなかったから、食べられてとても幸せ。
パフェを食べてすぐだけど、夕飯を食べに汐留シティーセンターへと足を運ぶ。
真の目的は食べ歩きか?ってくらいの動きだなこりゃヽ(´ー`)ノバンザーイ
牛たん焼とろろ定食向かったのは杜の都太助という仙台牛たん焼専門店。
牛たん焼きを食べるのも久しぶり~。
肉厚の牛たんはうんま~。
やっぱこのくらいの厚みがないと食べた気がしないよね。
テールスープはちょいとうちらには味が濃かったけど
付け合わせの白菜の浅漬けは美味しかった。
直前にパフェ食べたばかりだってーのに
ペロリと食べちゃいましたよっと(笑)
こんなだから年末年始に増えた体重が元に戻らんのじゃorz
でも久しぶりの食べ歩きも楽しかったので良しとしよう。

お宝探しか食べ歩きか分からなくなってしまった今年初のおでかけ。
次のおでかけでは小梅ちんを連れてどっか遊びに行きたいぞっと。
2010 骨董ジャンボリー 冬 お食事編その1
久々の東京は車を汐留の公共駐車場に置き、骨董ジャンボリーと同じ日に旦那の趣味イベントが浜松町であったので午前中はそちらをメインに行動。
JR新橋駅が中継地点となるからその近辺で美味しいお店をネットで入念にリサーチ。
そして昼食を取る店として白羽の矢が立ったのがGiglioというイタリア料理のお店。
うちらが店に着いたのは12:30頃。こじんまりとした店内はメニューを見て注文をするまでの短い間で満席に。
さすが人気店、タイミング悪かったら入れないところだった。
前菜 旦那注文のパスタ
るん太注文のパスタ デザート
注文した料理はランチメニューのアンティパストとパスタのランチ。
それにあたしはデザート、旦那はコーヒーをプラス。
最初に運ばれてきたアンティパストは盛りだくさん。
特に2人して気に入ったのは牡蠣のフリッターで、もちもちとした生地に軽く塩が振られており、牡蠣の風味もしっかりとして非常に美味い。
できればもう一度食べたいと思わせる品だった。
パスタは乾麺ではなく生パスタ。
この日のパスタはナスとトマトのパスタ、サルシッチャと白いんげんのパスタの二種類だったので食いしん坊のうちらは当然どちらも注文する(笑)
生パスタって美味しいよね。ホリュームもあって大満足♪
デザートはスポンジにザバイオーネという洋酒のきいたクリームがはさんであるものと、バニラアイス。
接客も丁寧でとても気分良く食事することができた。
お腹いっぱいになったうちらは、おでかけの第一目的である骨董ジャンボリーが開催されている東京ビッグサイトへと向かうのであった。

その2につづく(汗)
2010 骨董ジャンボリー 冬
告知ハガキ昨日、東京ビッグサイトで開催された「骨董ジャンボリー」
行って来た。
2006年以来実に4年ぶり。
そういえば、あの頃は自分の嗜好がどういうものかはっきり自覚してなかったなぁ。
今では北欧ヴィンテージ(作られてから30~40年程経っている物)のカップ&ソーサーを収集している。
お宝が見つかればと思ってわくわくしながら特攻したが、イギリスのアンティーク陶器を扱っている店はたくさんあったけど
北欧物を表立って扱っていた店は一店だけ(- -;)しかも微妙に値段が高い。
ネットオークション使った方が安く手に入ると思い、今回はお宝ゲットならず。残念。
でも久しぶりに規模の大きなイベントに足を運べて楽しかった。

次は4月にあるスーパージャンクショーに行く予定。
こちらは1950年代~70年代のコレクタブルズ(アンティークほど古くないもの)がたくさん集まるから、いいお宝に巡り会えるかも♪
新年明けました
今年もよろちくだらだらと休日を過ごしております。
今日も散歩以外で一歩たりとも外に出てません(笑)
昼間からアルコールを摂取したりして
目一杯休日を満喫中。

去年は身軽に動くことが出来なかったので
今年はフットワーク軽く出歩きたいと思います。
その前に、旦那の勤める会社の決算と怒涛の確定申告時期を乗り越えなくてはいけないのですが(苦笑)

ブログもポツポツとマイペースで更新していく予定です。
というわけで、今年もどうぞごよろしく贔屓にお願いいたします
copyright © 2005 るん太のとっても好きな物 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。